FC2ブログ

木製模型制作日記&木製模型情報

木製模型(木製建築模型・木製帆船模型)の製作は、 一つ一つは小さな木ですが、時間を掛けて作成し立派なミニチュア建造物になります。木製模型に関するホビーネットがらの情報ですので、ぜひご活用下さい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
法隆寺五重の塔・完成2

今回は最後の<法隆寺五重の塔・相輪の取り付け・完成>です。
九輪の取り付けですが、輪をゴールドに塗装して514に取り付けていきます。原寸大の図がありますので合わせて取り付けていきます。かなり渋いので削りながら調整して取り付けました。後で思ったのですが塗装する前に一度取り付け調整をしてから塗装した方がよいと思います。棒に押し込む際に強く押し込むので塗装がはがれてしまい、再度塗りなおしました。
法隆寺五重の塔・相輪

取り付けの後水煙をカッターで切り離し、棒に穴を開けて接着しカマも取り付けます。カマと水煙と隅棟が同じ方向になるようにして五重の塔の頭に載せて完成です。

法隆寺五重の塔・完成1

上記写真は出来上がりです。最初の挑戦にしてはなかなかの出来だと思います。後はケースに入れて飾ることにします。

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
5層飾り支柱の接着1

今回は説明書の29の<法隆寺五重の塔・5層飾り支柱の接着>を製作しました。上記写真は本日の完成部分です。
まず最初に10の飾り支柱にベージュの色を塗ります。下記写真はクレオスの水性カラーの肌色です。
飾り支柱

色が乾くのを待って接着です。4層の出桁を4層屋根・隅棟に接着する際、角度があるので出桁の接着部分を調整カットして出桁を4層屋根・隅棟に接着してました。その後で5層の間に飾り支柱を接着するのですが、高さの間隔が上手くいきませんで、4層の出桁をカットして調整しました。下記は本日までの出来上がりの写真です。形がハッキリしてきますと、自分でもよくここまで出来たと思います。残す所相輪の作成取り付けになりました。
5層飾り支柱の接着3

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
2層の取り付け
今回は説明書の28の<法隆寺五重の塔・各層の取り付け>を製作しました。27の初層の取り付けと同様に風鐸を各層の隅棟にピンバイスで1mmの穴を開け接着して各層の壁の下部2mmが下の層の内側に差し込んでいきます。上記が2層まで取り付けた所です。
3層の取り付け

4層の取り付け


上が3層、4層と組み込んだ所です。残り29.30の2つになり形がハッキリしてきました。風格のある五重の塔が今一歩の所まで来ました。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
初層の取り付け2
今回は説明書の27の<法隆寺五重の塔・初層の取り付け>を製作しました。前回ご案内しました水性カラーを使って力士像と風鐸に色を塗ります。
力士像

力士像は、まわりの木の色と似た色で塗ります。説明書ではベージュと記載されています。上記写真はクレオスの水性カラーの肌色です。力士像は2種2個計4個ありますので塗装して乾きましたら裳階の隅に対角線上にA.Bの力士像をおきます。
初層の取り付け1

その際接着は木工ボンドではなく合成ゴム系の接着剤で固定。
次に風鐸をクレオスの水性カラーの金色で塗装、乾いたら隅棟に取り付けますが、前回ご案内しました精密ピンバイスとベーシックドリルの1mmの刃を使い穴を開けその穴に風鐸を接着します。
風鐸

上記写真の先の部分が約1mmですのでかなり細かいことが分かると思います。最後に裳階に初層を組こんで終わりです。
力士像が力肘木部を支えるようになるはずなのですが、力肘木部の製作がきちんとされていない為に若干の隙間が生じてしまいました。これを見てから製作なされます方は説明書の13の接着は気をつけて作っていただければと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
飾り台の組立て

今回は説明書の26の<飾り台の組立て>を製作しました。 飾り台枠1の直角を調整して(既に調整してあるので、ただ4つを接着するだけ)飾り台を作り2の飾り台板を乗せて完成です。
今回終わりに近づいて来ましたが、まだ1/75法隆寺五重塔に使用する他に必要なものを掲載していませんでしたの掲載いたします。
カッター

上記はデザインナイフとカッターです。両方とも田宮商品でカッターは
450円で15の屋根の加工の切断に使用します。デザインナイフは600円で、刃が薄く尖っていますので、細かい所の加工にしよう致します。
ピンバイス
上記は精密ピンバイスとベーシックドリルの刃です。両方とも田宮商品で精密ピンバイスは、800円でベーシックドリルの刃は1000円です。27~29の風鐸の取り付けの際に1mmの穴を開ける際に使用します。
塗料

上記はカラー(塗料)と筆です。カラー(塗料)はクレオスの水性カラーで100円。色は金色とベージュ(木の色に近いもので1色ですまそうとしましたら肌色になってしまいました。)27~29の力士像、風鐸、飾り支柱に使用いたします。接着剤
接着剤はコニシの木工ボンド。写真は180gですが、50gで100円位のものが有ります。これは最初から最後まで使用しますので、私は新米で量を多く使うので50が少なくなると大きい180gを小分けして使用しました。ボンドG17ha27と29.30の金属の接着に使用します。その他ピンセット、等使用しましたが上記のものがあれば大丈夫だと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
5層屋根完成

今回は説明書の25の<5層屋根完成>を製作しました。
隅棟の上面にピッタリ納まるように509Cを取り付けます。昨日記載した通りで、隅棟の中央に集まるところの空きが若干片寄りがあったので
少し509Cを削り平になるようにして接着しました。
5層屋根完成1

写真みていただければわかりますが少し隙間ができてしまいました。
その上に508Cの4個を角を45度にカットして真四角にして接着し、その上に512の露盤板を接着します。508Cはレーザーで模様がきちんと付けられています。細かい部分ですので助かります。
5層屋根完成2

最後に5層と屋根をつけて今回の作業は完成です。
※一つ一つの製作が、きちんとなされていないと、仕上がり近くになって、ピッタリ行かない部分が出てきますので、妥協することなく、きちんと作っていくことだと痛感しました。当たり前のことかもしれませんが、、。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
5層屋根の組立て2
今回は説明書の23の<5層・隅棟の組立て>24<5層屋根の組立て>を製作しました。23は今までの 隅棟と同じ様に3枚を接着して上面を丸く削る作業ですので時間かけること無くスムーズに行きました。
24は、てこずりました。
5層屋根の組立て1

隅棟と屋根を接着して屋根をつくりましたところ、屋根の裏側の4つの隅棟の中央に集まるところの空きが正方形にならなければいけないのですが、これが上手くできませんで、調整してどうにかそれらしくしました。簡単な作業なのだと思いますが、、。その後で18で作成しました出桁を屋根の裏側に取り付け最後に巻戸を取り付けて本日の作業は終わりです。5層屋根の組立ては屋根の角度等接着する前に良く確認してから接着に移ればよかったと思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
二層高欄の取り付け
今回は説明書の21<二層高欄の取り付け>22<各層高欄の取り付け>を製作しました。 高欄と屋根の隅棟の接着の簡単な作業のはずなのですが、高さが若干合わず、隅棟を削って調整しました。16の屋根の組立ての際、隅棟が垂直に仕上がっていなかったことが原因だと思います。出来上がりはまあまあに行きました。
3層高欄の取り付け
上写真は二層と三層高欄の取り付けです。 三層高欄の取り付け

上写真は三層と四層高欄の取り付けです。
四層高欄の取り付け
上写真は四層と五層高欄の取り付けです。
2~4層高欄の取り付け
上写真は二層~五層高欄の取り付けで、大きさの比較です。角度と大きさの違いが分かると思います。残りの部品大分少なくなってきてもう少しで重ねられるとこまで来ました。







テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
初層屋根の接着
今回は説明書の20<初層~四層屋根の接着>を製作しました。
既に出来上がっています、初層屋根と初層白壁の接着です。白壁の四隅の溝に初層屋根の隅棟を差し込む作業なのですが、今までの作業をきちんとしていませんと、ここでつまずきます。私の場合No16.の隅棟が垂直に仕上がっていなかったのと、No13の共通部品の接着の力肘木の角度が
きちんと作成されていなかった為、上手く重ねて接着することが出来ませんでした。結果力肘木を若干削ったり、巻斗を削ったりして調整しました。
2層屋根の接着
上写真は二層屋根の接着です。初層記載と同様です。
3層屋根の接着
上写真は三層屋根の接着です。初層記載と同様です。
4層屋根の接着
上写真は四層屋根の接着です。初層記載と同様です。
今までの作業をきちんとしていなかった付けが、でてしまった感じです。もしこのブログを見て製作にあたる場合は参考にしていただければと思います。本来は30分程度で仕上がる工程だと思いますが、調整で3時間以上掛かってしまいました。



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
1/75 法隆寺・五重の塔・高欄の組立て
本日は19の<高欄の組立て>です。製作進むにつれて部品袋が少なくなってきまして、なんとなく
さびしい気持ちです。上記写真は2~5層の高欄を重ねあわせたものですが、繊細なレーザーカット部品で出来ていますのできれいに仕上がりました。細かいのでつなぎ目(1つの部品に2箇所ついている)をデザインナイフで慎重に切り込みを入れて外します。
彫刻線がある方を外側にして凸凹の部分を合わせて差し込めば出来上がりです。
1/75 法隆寺・五重の塔・高欄の組立て2

写真は拡大したものですが、上下の隙間は約1mmですので、もし、レーザー加工でないと、この大きさではかなり無理があると思います。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

Information

katsu.saito
  • Author: katsu.saito
  • 木製模型制作ブログを監修しています愛犬のミミです。
    宜しく。

Search

Calendar

04月 « 2019年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。